視能訓練士とは

視能訓練士は、国家資格を持つ医療従事者です。
欧米では古くから眼のスペシャリストとして活躍しています。
日本でも1971年に視能訓練士法が制定され、約14,000名(2017年3月31日現在)が国家資格を取得しています。
高齢化に伴い眼の疾患が増加しているため、今後の活躍が期待される医療職です。

勤務施設

  • 眼科(大学病院、総合病院、診療所、リハビリ施設など)・・・9割以上
  • 教育・研究機関(大学、専門学校)
  • 進学(大学院)
  • 医療系企業
  • その他

視能訓練士の仕事

検 査
「眼」は複雑な器官であるため、多くの検査があります。視能訓練士は、診断に必要な患者様の検査データを医師に提供します。医師は、正確な検査データを基に、診断・治療方針を決定します。
訓 練
赤ちゃんの視力は、0.02程度です。色々な物を見ることで視覚は育ち、6歳までに大人の視力に達します。子どもの頃に「見ること」が妨げられると、視覚は育ちません。このような未発達の視覚を育てるお手伝いをします。
検 診
病院だけでなく、保健所・学校・職場などで集団検診を行います。特に普段から小児の視能検査を行い、子どもに慣れている視能訓練士は3歳児健康診査などで大活躍しています。
リハビリ
治療や訓練では回復困難な視覚になった時、残っている視力や視野を最大限に活かすため、様々な補助具に関する情報を提供します。個々のニーズに応じてルーペなどの補装具や拡大読書器などの補助具の選定と使用訓練をします。